2014年11月26日

美術手帖「ボーイズラブ特集」

美術手帖といえば、現代アート情報を網羅している分厚い月刊誌ですが、その12月号の巻頭特集が、なんと「ボーイズラブ」だっつうことでさっそく買ってきた(笑)
というか近所の本屋さんにも遠くの蔦谷書店にもなかったのでamazonで注文しましたよたらーっ(汗)


美術手帖 2014年 12月号

「”関係性”の表現をほどく」と題しての150ページ弱の特集。この雑誌の約半分くらいの量です。
表紙は中村明日美子さん、同じイラストの折り込みポスター付、さらに中村明日美子さん描き下ろし16P漫画が入っています。
特集冒頭にいきなりヨネダコウさんの刺青イラストが飛び込んできて思わず「おおお」と見惚れてしまいました。
冒頭イラストはヨネダコウさん、宝井理人さん、えすとえむさん、岡田屋鉄蔵さん、トウテムポールさん、雲田はるこさん、腰乃さん。ずらり、人気作家による描き下ろしです。

イラスト描き下ろしも豪華ですが、なんといっても目玉は作家さんたち10人のインタビューでした。
雲田はるこさん、ヨネダコウさん、よしながふみさん、中村明日美子さん、こだか和麻さん、宝井理人さん、鳥人ヒロミさん、トウテムポールさん、はらださん、田亀源五郎さん(!)、の10人。いやあ、濃いですね。岡田屋鉄蔵さんも入れてほしかったな。
インタビューはもちろん、それぞれの作家さんが抱くBL観が中心ですが、やはり美術手帖らしく制作過程も多く語られてました。雲田はるこさんの独特のネームノートとか宝井さんの制作現場とか(液晶タブレットがでかい!さすがプロ〜)珍しいので、創作する人間にはとても興味深い。でも逆に言うと創作することに興味のない人にはこのあたりの話はちょっと退屈だったかも?私はこの10人インタビューが一番面白かったです。やっぱりけっこう冷静に分析する人が多いんだな、という印象でした。プロデュース力というか、やっぱり商業誌で成功するのにはそういう力が必要なんじゃないかな、と。

あとはBLの歴史や座談会、評論など。このあたりはあまり目新しいものはなかったように思いましたが、ひとつだけ、各所で出てきたのが「BL」と名前がつくようになってからのbefor、after。
BL以前、つまり24年組あたりが同性愛を少女漫画で取り上げ、「june」や「アラン」(・・・知ってますかね・・・あったんですよそういう雑誌が)全盛のころ。耽美や少年愛と呼ばれていたころ。そのころの作品群はとにかく美しく、はかなく、悲しく、悲恋で禁断の愛というのが大前提だった。
それが90年代、「BL」となってからは明るくハッピーエンド、男同士でいちゃついていいじゃあないの(笑)というあっけらかんとした作品に変わっていった。というのが多くの方の論調でした。
深く考えたことなかったけど、そういわれればそういう気が(笑)
june世代からはそれなりに反発があったらしいけれど、私自身は何にもなかったから今まで気が付きませんでしたねえ(^^;)
でもそういうキャパを広げてきたからこそ、今こうやって美術手帖が特集するほどのジャンルに成長したんでしょうね。まさかこんな日がくるとは。

ところで、入門者向けおすすめBL20冊が紹介されていましたが、この中の5冊しか読んでなかった(笑)
ていうか、中村明日美子さんも雲田はるこさんも一冊も読んでないや(爆)
駄目ですね。人気作家さん読んでないんですよあせあせ(飛び散る汗)BLを語れないあせあせ(飛び散る汗)
鳥人ヒロミさんを今度読んでみたいな。

上記作家さんのファン、創作に興味がある方、BLのなんたるかを掘り下げて考えるのが好きな方、などにはうれしい企画だったと思います。他、後半はもちろんアート情報がぎっしりです。

〇amazonでみる→美術手帖 2014年 12月号

〇hontoでみる→美術手帖 2014.12 ボーイズラブ NO.1016


〇楽天でみる→
【電子貸本Renta!】2013年電子書籍上半期ベストセラー発表!!
posted by inoha at 00:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月20日

BL帯が熱い・・・のかあ

>>注目の「BL帯コン☆2014」応募締切、迫る。 無料でBLコミックが読めるeBookJapanへGO!

「BL帯」なるものをご存じない方のために説明しますと・・・・
商業BLの漫画でも小説でも、買うと本に帯がついていることがありますが、あれに書かれているキャッチフレーズがなぜか注目を集めている(?)んですね。
詳しくは大御所のマルコさんのブログでどうぞ→カフェオレ・ライター
思わず吹きだす帯が続出します。
ちなみにこちらのブログは私が元気をもらいたいときに訪れるお気に入りのブログ様です。

で、ebookjapanで、そのBL帯を自分で考えてみよう!というコンテストが開催されてるわけです。
数冊のBLコミックが無料公開されているので、その帯のキャッチコピーを考えて応募しようという企画。詳しくはこちらでどうぞ→BL帯コン2014

・・・じつはちょっと考えてみた(笑)
むずかしい!
難しいっすバッド(下向き矢印)
コピーライターの才能なっしんぐ。
マンガや小説のレビュー書くの好きなんで、ひそかにできるんじゃないかと(笑)・・・・バカでした。長い文を書くのとわけが違くてひとことで表す(しかも興味を持たれるように)のはひじょーに難しいと思い知りましたです。
毎回帯コピーをひねり出される編集の皆さんはすごいですね。
でも中にはそういうのが得意な方もおられるかもしれない。ぜひチャレンジどうぞ!
それにしてもこんなコンテストが開催されるとはBLがポピュラーになったというか、すそ野が広くなったというか。ずいぶん遠くへきましたね・・・・・。


ボーイズラブ特集
タグ:BL
posted by inoha at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月04日

月舟文庫館様

オリジナルBLweb小説のサイト様。
banner.gif

海外物長編が多いサイト様です。
まるで海外ドラマを見ているような雰囲気です。
おすすめは、FBI連邦捜査官シリーズです。
そのテの米映画やドラマが好きな方には超おすすめです!

事件ごとに読み切りシリーズになっています。
主人公のトラヴィスはちょっとアウトローな感じの捜査官。
服はよれよれ、胡散臭いチンピラのような外観のうえに口も悪い。カンと嗅覚で事件を捜査するようなタイプ?でしょうか。
対するジェレミーはエリート捜査官で、常に冷静沈着、主人公のトラヴィスとは会えば嫌みや皮肉の応酬で犬猿の仲のようです。
性格も外見も経歴もまるでちがう二人・・・・。

紹介これにて終わり!

ネタバレしては面白くないので(笑)
事件そのものはハードですが、特にpart2なんかはちょっと切ない事件ですが、ラブストーリーとしては結構甘いです、じつは。
二人の甘いような緊張感があるような、やっぱり甘いような、アンビバレントな関係にすっかりやられました。
事件関係者がたくさん出てくるのですが、人物のセリフそれぞれに言い回しやしゃべり方の特徴があり色分けがはっきりしているので、次々出てきても意外と混乱しません。作者さんのキャラ設定の賜物ですね。

W杯で盛り上がっていた人にはサッカーものもおすすめです。エロくないですが(笑)
こ、この選手はあれとあれとあれをミックスしたようなタイプ?と、脳内で某選手の顔が重なってニヤニヤします(笑)
R18です。ご理解のうえ閲覧願います。


【電子貸本Renta!】2013年電子書籍上半期ベストセラー発表!!
posted by inoha at 16:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | web小説>外国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月29日

ランボーとヴェルレーヌ舞台化

以前紹介したランボーの映画「太陽と月に背いて(Total Eclipse)」が舞台化されるそうです。

岡田将生、蜷川幸雄演出『皆既食』で舞台初挑戦!「真摯に向き合いたい」

おおお。
以前の映画についての記事はこちら→ランボーとヴェルレーヌ「太陽と月に背いて」

私、芸能人には詳しくないので、岡田将生という方がどんな方なのか知らないのですが、写真で見る限り綺麗な方ですね。ヴェルレーヌ役には生瀬勝久さん・・・もちろん知らない(笑)しかしハゲで醜男なのを気にしていたヴェルレーヌにしてはイケメンすぎな気が。

で、演出が蜷川さん!
俳優さんは全然知らないけれど、蜷川さんの舞台は何度か拝見してます!迫力あります!楽しみです!近くに来ればいいけど・・・・。
蜷川さんはかの藤原竜也をデビューさせたように、男を見る目があって(笑)、舞台に登場する男たちが切れるような美しさを発揮している場合が多いです。(私が男しか見てない、という説もあります。そういえば女性も美しいような気がしてきました笑)
以前見た舞台では、主役ではないのに目を引き付けるきわどい美しさを発揮している俳優さんがいたので「だれ?」と思ったら、岡本健一さんでした。
「岡本健一ってだれ?・・・ジャニーズ?・・・・えっ男闘呼組の!??」
パンフレットで確認して目が点になったのでした。

以前も書いたように、ランボーを演じるにはイケメンなだけではだめなのです。演技がうまいだけではだめなのです。私がダメなの(笑)
だってランボーなんだもん。
妥協を許さない蜷川さんがどういうふうにランボーを描くのか、すごく楽しみだけど不安な感じもあります。岡田将生さんにはぜひ、ヴェルレーヌが愛さずにはいられないでしょう!と思わずうなずいてしまうようなランボーを期待します!


【電子貸本Renta!】2013年電子書籍上半期ベストセラー発表!!
posted by inoha at 15:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年07月28日

「男だけの育児」ジェシ・グリーン


男だけの育児

>>ゲイである著者、ジェシが出会ったアンディはゲイだが赤ちゃん持ちだった・・・!男二人の育児がはじまる・・・。

と、いう内容なのだ、一言でいうと。
ジェシが出会った時すでにアンディは男の子を養子にもらって育てており、そうと知りながら恋に落ちてしまったジェシは当然育児に巻き込まれ、それまで考えたことも無かった「親になるための思いがけない旅」(この本の原題)をすることになる。
しかし、どこぞの映画のようにどたばたコメディ調ではなくて、親になるということについて、とりわけゲイであり親であるということについて、あるいはそれらを取り巻く社会環境について、自分自身や周囲を注意深く観察しながら考察し論じている本である。面白おかしく育児失敗談なんかを期待して読まないように(笑)
もちろん右往左往する様子も書かれてるし感動するところもあるしセクシーな記述もあるのだが、あくまで客観的に書いてあるので山あり谷あり小説のような面白さは無い。
ついでに、翻訳だからなのか、この人の文章が元々そうなのか、回りくどい比喩表現が多くて非常に読みにくい。何がいいたいのかストレートにわかりづらい。ジェシもアンディもユダヤ人であってユダヤの文化を背景に持っているのも分かりづらい原因の一つかもしれない。文章になれない最初のうちは読むのに苦労した。

読んでみると子どもを前にした悩みや大変さというのは、ゲイカップルだろうが異性カップルだろうがあんまり変わらないように思えた。
しかし異性カップルだと、何となく子どもを産んで、それで周囲からも「親」と認められて、自分が親であることを疑いもせずに育児をしていく人も多い。
その点、彼らは徹底的に考えるのだ。(著者の性格もあるかもしれないが。なんか理屈っぽそうな人だ笑)
まず養子をもらうかどうか、そこから問題なのだ。自分は何者で、どう生きるのか、過去と向き合い未来を考え覚悟を決めて親となる。ジェシはジェシで、自分の立場は何だろうか、アンディはダディだが子どもは自分のことをなんと呼ぶだろうか、と思い悩む。
90年代の話で、まだ同性婚も認められず、親たちの動揺も大きい。ゲイの人たちでさえ子どもを持ったゲイに反感を抱いているような記述さえ見られる。深く考えなければやっていけないのだ。
第1章では出会いからなんとかジェシが子どもから「ジェシ」と呼んでもらうまで。第2章はアンディの生い立ち。第3章はジェシの生い立ち。第4章は二人目の養子をもらうまで。
読み進めるうちに著者の文体にも慣れておのおのの輪郭もはっきりし、意外に楽しい読後感が残った。


【電子貸本Renta!】2013年電子書籍上半期ベストセラー発表!!

posted by inoha at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。