2014年03月05日

ランボーとヴェルレーヌ「太陽と月に背いて」


太陽と月に背いて [DVD]

フランスの天才詩人、ランボーとヴェルレーヌの破滅的な愛を中心に描いた映画。
まだレオナルド・ディカプリオが「タイタニック」でブレイクする前で、今やレンタルもできない伝説的な作品になっているらしい。ディカプリオのお尻が見れますからね(笑)
ブレイク後だったら絶対出演してなかっただろうと思われ。なにせ「男同士でキスするのはもう絶対いや」みたいにのたまったのだとか。

じつは私はディカプリオの顔はあんまり好きじゃない。アメリカっぽい感じがいまいちと思うのだ(レオ様ファンの方ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗))というか、私はダニエル・デイ=ルイスみたいな馬面が好きなんで・・・。
なので、ランボーファンだった私は「えっディカプリオがやんの!?やめて〜」と思ってしまったのだ。思ったけどやっぱり見たのだぴかぴか(新しい)
当時のディカプリオはブレイク前とはいえ注目株だった。実際、「じゃあ他に誰がランボーやれるの?」と聞かれたら答えに困ってしまう(当初リバー・フェニックスの予定だったといううわさを聞いたことがあるが…それは見たかったなあ)
ランボーを演じるにはただ綺麗な美少年なだけではだめなのだ。上手な演技なだけではだめなのだ。だってランボーなんだもん。

結論として、この時のディカプリオは確かに光り輝いていた。
俳優としてはまだまだの部分はあるものの、ディカプリオ配役に否定的だった私をして「うっ・・・」と思わせるカリスマ性を発揮していた。このときでなければ切り取れないディカプリオの瞬間的な魅力が、ランボーの役と一体化していた。特に二人で野宿っぽいことをしながら放浪する、自然の風景の中での生き生きとしたディカプリオの笑顔が素敵だった。このシーンはディカプリオも楽しかったんじゃないんだろうか。肩甲骨でワインの栓を抜くという特技を披露しちゃったりするのだ。何でも自分から監督に提案したらしい。
今ではすっかり貫禄がついてますが、このころのディカプリオの一瞬の美しさは必見だ。
当時21歳(映画撮ったのは20歳かも?)だか、欧米男性の21歳といえばガチムチ化してるのが普通なのに、ここのディカプリオは本当に少年のようだ。ほっそいぴかぴか(新しい)
お尻が見れますね。貴重です。

ところで、こんな何年も前の映画をなんで今頃持ち出してるかというと、実はこの映画は私のBL史上重要な役割を果たしたのだ。
ランボー大好きだった私は、当然ランボーとヴェルレーヌの関係も知っていたのだが、映画を見ていた私は途中で目が点になってしまった。

「ヴェルレーヌが受けどんっ(衝撃)

当時はまだボーイズラブという言葉は無く(・・・なかったと思います。少なくとも一般的じゃなかった)その手の話は「少年愛」と呼んでいた。
そう・・・少年が愛される、もしくは少年を愛する、ないし少年同士の愛・・・要するに少年が受けな話が一般的で、年下攻めや、ましてやおやじ受けなんてものは私の中にはなかったのです!
なので当然ランボーとヴェルレーヌも、私の脳内ではランボーがかわいがられたわけですね。だってヴェルレーヌは中年おっさんだし、すでに大詩人だし、映画でもハゲおやじだし。なのにどう見てもヴェルレーヌがディカプリオの下であえいじゃってるのだ。私は衝撃を受けましたどんっ(衝撃)
もちろん今ではすっかりおやじスキー、おやじ受け大歓迎になってしまっているのですが、最初はどこだったかと記憶をたどってみればこの映画にたどり着くわけです。
後日調べてみると、これはちゃんとした史実に基づいていて、二人の書簡からヴェルレーヌが受けだったらしいことがわかっている。
自分のゲイ傾向に目をそむけ金持ち娘と結婚し、容姿にコンプレックスを持っていたヴェルレーヌ。この映画はどちらかというとヴェルレーヌの心情のほうを細やかに描いてあって、ヴェルレーヌを通してみたランボーとの愛憎劇になっている。

このヴェルレーヌがほんっと情けないダメ男なんですがね。
妊娠中の嫁さんに乱暴するわ、ランボーとラブラブかと思えば嫁さんともやっちゃうわ、なんなのこの男って思うけど、デヴィッド・シューリスの演技がうまくて、やっぱ詩人ってこのくらいじゃないといけないのかと(笑)
ところで奥さん役のロマーヌ・ボーランジェのヌードの美しさにはびっくりした。たわわなバストがわーすごーいって正直に思いましたよ。この方はいつも脱ぎっぷりがいい。ディカプリオもこのくらいパーッと脱いでほしかったけど・・・無理か(笑)キスを嫌がってるくらいだもんね。



posted by inoha at 12:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DVD再販されてたりしないかなーと検索しててこちら拝見しました。

ディカプリオ美しかったですよねー!
才能格差への嫉妬による愛憎、その才能に惹かれて付いていきたくて狂っていく人生、潰れて行く才能、ヒステリックなランボーの美しさ、大好きな映画でした。
タイタニックもスルーしてたのに、なんの切欠だかでこの映画見て以来、前後漁ってディカプリオ映画を観たけれども
この映画を超えるディカプリオには出会えませんでした。ロミオ&ジュリエットはかなり良かったけど。
今でも顔や表情の好みは当時のディカプリオの影響を受けたままです。眉の動きが特に好き。

ビデオ買ったけどももう再生できなくなってしまいました。
いつかのDVD再販を祈って...
Posted by とり at 2015年08月18日 10:32
とり様。
コメントありがとうございます。
もうDVDでも見れないのですね。残念なことです。
ロミオとジュリエットもよかったですね。でもやっぱり、私もランボーのディカプリオが一番好きですねー。多くの人にあの妖しさを見てもらいたいものです!
Posted by inoha at 2017年09月23日 15:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。