2014年11月26日

美術手帖「ボーイズラブ特集」

美術手帖といえば、現代アート情報を網羅している分厚い月刊誌ですが、その12月号の巻頭特集が、なんと「ボーイズラブ」だっつうことでさっそく買ってきた(笑)
というか近所の本屋さんにも遠くの蔦谷書店にもなかったのでamazonで注文しましたよたらーっ(汗)


美術手帖 2014年 12月号

「”関係性”の表現をほどく」と題しての150ページ弱の特集。この雑誌の約半分くらいの量です。
表紙は中村明日美子さん、同じイラストの折り込みポスター付、さらに中村明日美子さん描き下ろし16P漫画が入っています。
特集冒頭にいきなりヨネダコウさんの刺青イラストが飛び込んできて思わず「おおお」と見惚れてしまいました。
冒頭イラストはヨネダコウさん、宝井理人さん、えすとえむさん、岡田屋鉄蔵さん、トウテムポールさん、雲田はるこさん、腰乃さん。ずらり、人気作家による描き下ろしです。

イラスト描き下ろしも豪華ですが、なんといっても目玉は作家さんたち10人のインタビューでした。
雲田はるこさん、ヨネダコウさん、よしながふみさん、中村明日美子さん、こだか和麻さん、宝井理人さん、鳥人ヒロミさん、トウテムポールさん、はらださん、田亀源五郎さん(!)、の10人。いやあ、濃いですね。岡田屋鉄蔵さんも入れてほしかったな。
インタビューはもちろん、それぞれの作家さんが抱くBL観が中心ですが、やはり美術手帖らしく制作過程も多く語られてました。雲田はるこさんの独特のネームノートとか宝井さんの制作現場とか(液晶タブレットがでかい!さすがプロ〜)珍しいので、創作する人間にはとても興味深い。でも逆に言うと創作することに興味のない人にはこのあたりの話はちょっと退屈だったかも?私はこの10人インタビューが一番面白かったです。やっぱりけっこう冷静に分析する人が多いんだな、という印象でした。プロデュース力というか、やっぱり商業誌で成功するのにはそういう力が必要なんじゃないかな、と。

あとはBLの歴史や座談会、評論など。このあたりはあまり目新しいものはなかったように思いましたが、ひとつだけ、各所で出てきたのが「BL」と名前がつくようになってからのbefor、after。
BL以前、つまり24年組あたりが同性愛を少女漫画で取り上げ、「june」や「アラン」(・・・知ってますかね・・・あったんですよそういう雑誌が)全盛のころ。耽美や少年愛と呼ばれていたころ。そのころの作品群はとにかく美しく、はかなく、悲しく、悲恋で禁断の愛というのが大前提だった。
それが90年代、「BL」となってからは明るくハッピーエンド、男同士でいちゃついていいじゃあないの(笑)というあっけらかんとした作品に変わっていった。というのが多くの方の論調でした。
深く考えたことなかったけど、そういわれればそういう気が(笑)
june世代からはそれなりに反発があったらしいけれど、私自身は何にもなかったから今まで気が付きませんでしたねえ(^^;)
でもそういうキャパを広げてきたからこそ、今こうやって美術手帖が特集するほどのジャンルに成長したんでしょうね。まさかこんな日がくるとは。

ところで、入門者向けおすすめBL20冊が紹介されていましたが、この中の5冊しか読んでなかった(笑)
ていうか、中村明日美子さんも雲田はるこさんも一冊も読んでないや(爆)
駄目ですね。人気作家さん読んでないんですよあせあせ(飛び散る汗)BLを語れないあせあせ(飛び散る汗)
鳥人ヒロミさんを今度読んでみたいな。

上記作家さんのファン、創作に興味がある方、BLのなんたるかを掘り下げて考えるのが好きな方、などにはうれしい企画だったと思います。他、後半はもちろんアート情報がぎっしりです。

〇amazonでみる→美術手帖 2014年 12月号

〇hontoでみる→美術手帖 2014.12 ボーイズラブ NO.1016


〇楽天でみる→
【電子貸本Renta!】2013年電子書籍上半期ベストセラー発表!!
posted by inoha at 00:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前こちらにコメントをさせて頂きました、ジジョウと申します。ご無沙汰しております。定期的に、こちらを興味深く拝見させて頂いております。

私も美術手帖を買いました。
田舎ゆえか店頭に並んでおらず、恥を忍んでレジの店員さんに尋ねたところ、その店員さんが他の店員さんにも声掛けして下さり、総勢5名で「美術手帖どこかな!」「え!美術手帖!?どんなやつ!?」と大騒ぎで店内じゅうを探しまわって下さるという、ありがたいながらも、思いがけない羞恥プレイを受けました。笑

そんな前置きはいいとしまして、確かに、話を作ったりする趣味がない方にとっては、退屈な内容だったかもしれませんね。
私はヘボ漫画を描いてますので、とても参考になり、各インタビューを貪り読んでしまいましたが…。
大型液晶ペンタブやら特注の人体模型やらが登場したときは、さすがプロの方だと思いました。

それから、書かれていましたけども、漫画家さんたちの自己プロデュース力の高さも、なんと言いますか、ど素人の私にとっては閉口ものでした。
面白い漫画が描けるというのは勿論、どうすれば大勢の人に見て貰えるかという俯瞰の目が備わっているのでしょうね。恐るべし、です。
とても、ああいった境地には立てそうにありません。BL第一線のプロは凄いと、只只、圧倒されるばかりでした。

そして、私、一応juneを通った年代ですが、アランという雑誌は初耳でした。お詳しいのですね!
えみくりさんが、「男同士のりぼんを描こうとした」という動機は、なるほど!と膝を打ちそうになりました。
当時、そういった方が反発を受けていたとは夢にも思わず…。えみくりさんたちのような先人が居てこその、今のBLなのね、と感動すら覚えました。笑

ちなみに、中村明日美子さんですが、私も先月ぐらいまで、全く読んだことがなかったのですけど(絵が個性的すぎて7年以上、敬遠していたのです…)、なんとなーく「同級生」を買ったところ、これがまあ、とんでもなく私のツボを押してくる作品でして、それから転がり落ちるように明日美子さん作品を買い漁っております。
繊細な絵と綺麗な流線と独特のネームといった魅力に、現在、ハマりまくってます(^ ^;)
今年の後半、狂ったように大量のBL漫画を読んだのですが、私としましては、この中村さんとギルトプレジャーさんが自分の中で大ヒットとなりました。
宜しければ、中村明日美子さん、挑戦なさってくださいませ。

では、好き勝手に書かせて頂きまして、失礼いたしました。
またこちらを覗かせて頂きますね。
時節柄、どうぞご自愛下さいませ。
Posted by ジジョウ at 2014年12月14日 17:41
ジジョウ様、コメントありがとうございます。
美術手帳、羞恥プレイのすえ買われたんですね。しかしそれだけの価値ありますきっと(笑)インタビューする作家さんのチョイスが「美術手帳」!ってかんじで面白かったですね。

>>アランという雑誌は初耳でした。
juneよりちょっとマニアでダークな感じの雑誌があったのですよ(汗)確か数年で廃刊しちゃいました。でも今やビッグなイラストレーターの山田章博さんがデビューされたのは確かアランでした。

>>中村明日美子さん、挑戦なさってくださいませ。
ギルトプレジャーさんは「in these words」の方ですね!あれ怖かったけど読みました。絵がすばらしくしっかりしてて憧れますね〜。
中村明日美子さんは多くの方からお勧めされますが・・・なんか目が、あの目が苦手(汗)
でも「美術手帳」のショート漫画は確かに美しかったですね。やっぱりトライするなら「同級生」からでしょうか?

ジジョウ様も連載がんばって下さいね!メインカプの二人が中年おっさんになるのを楽しみにしてますから(笑)
Posted by inoha at 2014年12月15日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。