2014年04月16日

ほしごい様

オリジナルBLweb小説のサイト様。
bana.gif

現代ものの、せつないお話が多いサイト様です。
おすすめは「初恋の味」です。
途中、主人公がドロップアウトしてしまってハラハラしますし、無理矢理描写もありますので苦手な方はご注意ください。

>>母子家庭の直哉の家に、ある日母が住込みのお手伝いさんを連れてくる。まだ若く、チャラめの外見とは裏腹にちゃんと家事をこなすその男、克大に、小学生の直哉は次第に懐いていくが、直哉が中学生になった時・・・・

大学出たばかりの茶髪のお兄さん、克大が家に入り込んできたことで直哉の生活は一変し、なんだか楽しそうな三人の生活が、でもこれがほんのプロローグでした。
そこから中学生のある日、突然直哉の人生は急転直下。
ネタバレするので詳しくは避けますが、克大への恋心を認識するもいろいろ重なり、とうとう直哉は家出してしまい、千尋という大学生に拾われそこに転がり込むことに。
当然学校にも行かず危ない雰囲気すら漂う千尋の部屋で投げやりに過ごす直哉・・・。
もー、直哉が危なっかしくて悲惨な取り返しのつかないことになるんじゃないかとハラハラでたらーっ(汗)たらーっ(汗)
悪い道にハマっちゃいますよ・・い、家に帰ろうよ(泣)・・・と思わず保護者目線でドッキドキでした。
主人公の直哉が少年らしい繊細さを持っていて、かつ素直で複雑な面も持っていて危うい感じなのが、さらにドキドキハラハラ感UPします。

そういう直哉の性格や、お母さんや克大や千尋たちのキャラの性格がセリフの中で自然と表現されてて、読んでいるうちにキャラが自然と浮かび上がってきます。登場人物の複雑な関係性や、それぞれの微妙な心理の移り変わりも、文章が的確でわかりやすいのでスムーズに感情移入できます。シリアスな話でも透明感を失わない上品な文章だなあと思いました。
直哉の初恋の顛末がせつなさを誘いますが・・・・でも続編があるのでちょっとうれしい(笑)
R18です。ご了承のうえ閲覧願います。


【電子貸本Renta!】2013年電子書籍上半期ベストセラー発表!!
posted by inoha at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | web小説>せつない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年10月21日

amentia様

オリジナルBLweb小説のサイト様。
tui-banner.jpg
以前もご紹介したサイト様ですが(以前の記事はこちら→「amentia様」、今回のおすすめ小説は「アンビバレンツ」。
(電子書籍サイトwookで開きます。携帯(スマホ)からだとアプリで開きます。私の場合はiPhoneのiBookで。)

>>無実の罪で逮捕されすべてを失った幾原。7年後、そのときの女子高生と刑事の紺野に復讐をするべく、幾原は偽名を使って、現在は探偵事務所を開いている紺野へ近づく・・・・

職も人間関係もすべて失ってもはや死ぬ気でいるぼろぼろの幾原。最後に復讐をという一心だけが彼を支えているようです。そんな幾原が近づいた紺野は、なんだか生気のないマネキンのようなつかみ所のない男。
これからいったいどう話が転ぶのか知らん、とサスペンス劇場のようにドキドキします。
随所に謎解きも含んだシリアスでダイナミックなストーリー。そして、孤独をいやというほど知った二人が出会い、いつの間にか心が溶けていく愛のストーリーです。

何を考えているのかわからない紺野のキャラが独特で、前半は感情が動かない、謎な男です。が、だんだんと内面がわかってくるにつれ、セリフや行動も色がついたように可愛さがにじみ出てくるようです。ラスト、幾原の顔を触って確かめるところが・・・・泣きます・・・・せつなかった・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

脇キャラというか、幾原が紺野を監視するためだけにはじめたバイトの居酒屋の雰囲気がすごくおもしろい。なんだかいってみたくなるような元気な居酒屋。リーダー格のリサもいい味です。凝り固まった幾原の心を溶かすのに一役買っている気がします。
ていうか、ひどい目にあってしまって荒んじゃってるけど幾原って根が悪そうに思えないっていうか。復讐の鬼になりきれなさそーっていうか(笑)心の奥底ではあたたかい愛を求めていたんじゃないんですかね?それは紺野のほうも同じでいつかまたハンサムなシェパードに出会いたいと(笑)心の奥で思っていたんじゃないかなあ・・・と深読みをしてしまったのでしたハートたち(複数ハート)

第5回花丸WEB新人賞優秀賞受賞作品。
R18です。ご了承の上閲覧願います。


BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!

posted by inoha at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | web小説>せつない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年03月25日

SweetBringer様

オリジナルBLweb小説サイト様



短編から長編、シリーズものまで、いろんなシチュの小説がたくさん置かれています。
どれから読もうか迷うほどでするんるん
ほとんどがあまあま系で、すごく素敵な物語ばかりでしたので、甘く切ない系が好きな方はどれでも大丈夫ですが、個人的BESTは「月は河に 僕は君に」です。(下のほうにあるので小説ページにリンク貼りました)
大学時代から7年越しの恋。年下攻め、シリアスです。

>>作家の克之(29歳)の担当編集者、真崎晴臣(27歳)は、大学時代、後輩であり恋人だった。同じサークルにはいってきた真崎と克之はラブラブで付き合いだす(笑)が、克之の作家デビュー、真崎の実家との確執など次第に二人の間には問題が山積みされ、やがて・・・

基本的にシリアスで切ないストーリーなのですが、克之の明るい作家ぶりが話に軽さを出してて(笑)重すぎることなく胸きゅんストーリーになっています。
それでも別れを決意した克之には泣きます。泣きました。不覚にもPCのキーボードに涙落としましたです。
綺麗系なのに口が悪くてちょっとぶっ飛んだところのある克之と真面目で清冽な印象の真崎。二人の純愛ぶりが胸を打ちます。

物語は甘いですが、描写が的確でしっかりした文章なので情景が目に浮かぶようです。
特に、人物の外見や雰囲気、特長を細部まで描写してあるのでキャラが思い浮かべやすいです。自分が漫画描きだからかもしれませんが髪質や服の好みや目鼻の特徴を詳しく書いてあると、やっぱり頭の中でキャラが具体的に形をとって動いてくれますので大事なポイントだと思います。
それだけ作家さんのキャラ造形力がしっかりしてるんですねわーい(嬉しい顔)

ssがたくさんあります。ssはコメディよりですグッド(上向き矢印)
スピンオフの克之甥っ子カプの話も切ないストーリーでよかったですぴかぴか(新しい)
叔父と甥って恋愛パターンが似るんでしょうかね・・・・

とってもR18なのでご了承のうえ閲覧願います。


【電子貸本Renta!】2011年電子書籍年間ベストセラー発表!!

posted by inoha at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | web小説>せつない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。