2014年03月05日

ランボーとヴェルレーヌ「太陽と月に背いて」


太陽と月に背いて [DVD]

フランスの天才詩人、ランボーとヴェルレーヌの破滅的な愛を中心に描いた映画。
まだレオナルド・ディカプリオが「タイタニック」でブレイクする前で、今やレンタルもできない伝説的な作品になっているらしい。ディカプリオのお尻が見れますからね(笑)
ブレイク後だったら絶対出演してなかっただろうと思われ。なにせ「男同士でキスするのはもう絶対いや」みたいにのたまったのだとか。

じつは私はディカプリオの顔はあんまり好きじゃない。アメリカっぽい感じがいまいちと思うのだ(レオ様ファンの方ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗))というか、私はダニエル・デイ=ルイスみたいな馬面が好きなんで・・・。
なので、ランボーファンだった私は「えっディカプリオがやんの!?やめて〜」と思ってしまったのだ。思ったけどやっぱり見たのだぴかぴか(新しい)
当時のディカプリオはブレイク前とはいえ注目株だった。実際、「じゃあ他に誰がランボーやれるの?」と聞かれたら答えに困ってしまう(当初リバー・フェニックスの予定だったといううわさを聞いたことがあるが…それは見たかったなあ)
ランボーを演じるにはただ綺麗な美少年なだけではだめなのだ。上手な演技なだけではだめなのだ。だってランボーなんだもん。

結論として、この時のディカプリオは確かに光り輝いていた。
俳優としてはまだまだの部分はあるものの、ディカプリオ配役に否定的だった私をして「うっ・・・」と思わせるカリスマ性を発揮していた。このときでなければ切り取れないディカプリオの瞬間的な魅力が、ランボーの役と一体化していた。特に二人で野宿っぽいことをしながら放浪する、自然の風景の中での生き生きとしたディカプリオの笑顔が素敵だった。このシーンはディカプリオも楽しかったんじゃないんだろうか。肩甲骨でワインの栓を抜くという特技を披露しちゃったりするのだ。何でも自分から監督に提案したらしい。
今ではすっかり貫禄がついてますが、このころのディカプリオの一瞬の美しさは必見だ。
当時21歳(映画撮ったのは20歳かも?)だか、欧米男性の21歳といえばガチムチ化してるのが普通なのに、ここのディカプリオは本当に少年のようだ。ほっそいぴかぴか(新しい)
お尻が見れますね。貴重です。

ところで、こんな何年も前の映画をなんで今頃持ち出してるかというと、実はこの映画は私のBL史上重要な役割を果たしたのだ。
ランボー大好きだった私は、当然ランボーとヴェルレーヌの関係も知っていたのだが、映画を見ていた私は途中で目が点になってしまった。

「ヴェルレーヌが受けどんっ(衝撃)

当時はまだボーイズラブという言葉は無く(・・・なかったと思います。少なくとも一般的じゃなかった)その手の話は「少年愛」と呼んでいた。
そう・・・少年が愛される、もしくは少年を愛する、ないし少年同士の愛・・・要するに少年が受けな話が一般的で、年下攻めや、ましてやおやじ受けなんてものは私の中にはなかったのです!
なので当然ランボーとヴェルレーヌも、私の脳内ではランボーがかわいがられたわけですね。だってヴェルレーヌは中年おっさんだし、すでに大詩人だし、映画でもハゲおやじだし。なのにどう見てもヴェルレーヌがディカプリオの下であえいじゃってるのだ。私は衝撃を受けましたどんっ(衝撃)
もちろん今ではすっかりおやじスキー、おやじ受け大歓迎になってしまっているのですが、最初はどこだったかと記憶をたどってみればこの映画にたどり着くわけです。
後日調べてみると、これはちゃんとした史実に基づいていて、二人の書簡からヴェルレーヌが受けだったらしいことがわかっている。
自分のゲイ傾向に目をそむけ金持ち娘と結婚し、容姿にコンプレックスを持っていたヴェルレーヌ。この映画はどちらかというとヴェルレーヌの心情のほうを細やかに描いてあって、ヴェルレーヌを通してみたランボーとの愛憎劇になっている。

このヴェルレーヌがほんっと情けないダメ男なんですがね。
妊娠中の嫁さんに乱暴するわ、ランボーとラブラブかと思えば嫁さんともやっちゃうわ、なんなのこの男って思うけど、デヴィッド・シューリスの演技がうまくて、やっぱ詩人ってこのくらいじゃないといけないのかと(笑)
ところで奥さん役のロマーヌ・ボーランジェのヌードの美しさにはびっくりした。たわわなバストがわーすごーいって正直に思いましたよ。この方はいつも脱ぎっぷりがいい。ディカプリオもこのくらいパーッと脱いでほしかったけど・・・無理か(笑)キスを嫌がってるくらいだもんね。



posted by inoha at 12:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月18日

エウロパの海 様

オリジナルBLweb小説のサイト様
eur.gif

しっかりと仕事をしているリーマンもののお話が多いweb小説のサイト様です。
おすすめは「この街の過ごし方」です。
簡潔な文章ながら、行間からじんわりと切なさが伝わってくるお話です。

>>営業部の佐々は、管理課課長代理の宮脇の鼻を明かしたい、認めてほしいと常に思い、宮脇を意識しているががなかなかうまくいかない。そこへ宮脇に付き合っている女性がいる噂を聞き衝撃を受ける・・・・

宮脇の結婚話が、「これはBLにありがちな、誤解でしたあ!って話に違いない笑」と思って読んでいたらマジ話でたらーっ(汗)どんどん進んでいく結婚話に佐々と一緒に泣きたくなりました。荒れる佐々に胸が痛くなります。時に自分をごまかし、相手をごまかし、二人とも自分の中に弱さと狡さをかかえて生きる大人の男たちなのです。
特に宮脇課長代理は、緊急事態にも冷静に対処できる仕事能力の高さが、自分の人生や佐々の人生についても冷静に分析してしまうんじゃないかなあ・・・・と。それに比べると佐々は熱くまっすぐな部分を持っていて、そういうところを宮脇は愛しく思ってるんだろうなあと、はっきりと書かれてないのだけれど言動の端々から感じられて、それがよけいに切なくさせられました。ずるい男なんだろうけど、すごく人間的で、二人ともリアリティのある人物像に思えました。
最後の最後まで切なくて、でも決して湿っぽくない乾いた文章が二人の抑えた心情そのままのようです。

ところで二人ともすっごく仕事してますね(笑)
仕事に性格がにじみ出ちゃってるような登場人物たち。脇を固める人物たちもそれぞれ味があって、仕事ぶりもそれぞれにちがうような描写に作者さんの観察眼の鋭さを感じました。

このお話は残念ながらキスどまり(笑)ですが、サイトは18禁です。ご理解のうえ閲覧願います。


BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!
posted by inoha at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | web小説>リーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月07日

まーにまに様

オリジナルweb漫画のサイト様です。
mani.jpg

BLもありますが、普通の漫画(?・・・て言えばいいのかな?普通かどうかは別としてBLジャンルじゃない漫画?)も描かれています。どれも独特のセンスがおもしろいですが・・・迷いましたが・・・・おすすめは「僕と席が近い人たち」です。
これ、BLじゃないんですけどねあせあせ(飛び散る汗)
でも突き抜けちゃった感のある登場人物の面々に吹きまくったので!
腐女子も出てくるし!ひょっとしたらこの先BL展開があるかもしれないし(違)
BLじゃないのですがこっちで!

>>4月、高校で新生活をスタートさせたごく普通の高校生谷葉弘行は、しかし、新しいクラスで席の周りをおかしな面々で囲まれてしまった・・・・

まだ連載中です(2014年2月現在)。吹きました。このギャグどこまで行っちゃうんだろう・・・・。
ほんとにシュールな面々です。シュールなんだけどしかしなぜか心当たりのあるエピソードが。
プリントを配ろうと後ろを向いたら、腐女子が自分をネタに漫画を描いていた・・・・。

すみません、私もやってました!

O君、ごめんなさい、まじごめん。いやいや、しかし腐女子なら一回はあるエピソードですよね?(ですよね?たらーっ(汗)
この腐女子の徳田光がすごいキャラで・・・・でも本人真面目そう(笑)
いやー、とにかく楽しく読みまして。このノリが大好きぴかぴか(新しい)続きが楽しみです。

ちなみに他の話ではおっさんの話が、これもとても好きでした。


BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!

posted by inoha at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | web漫画>コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログタイトル変えました

すみません、ブログタイトル変えました。
前のタイトル適当につけたら気に入らなくなっちゃったので・・・・。
今回もたいしたタイトルじゃないですけど(笑)


BLコミック続々入荷中!オンラインコミックを100円レンタル、Renta!
posted by inoha at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月29日

おやじ受け「逃した魚」

中原一也さん作、究極の(!?)おやじ受け

逃した魚

>>41歳、司法書士の市ヶ谷のもとにやってきた新しい助手、織田はイケメンで仕事も早く元弁護士の優秀で完璧な男。仕事中でも釣りをし、お茶と和菓子を楽しみにする枯れた市ヶ谷にはちょっとハイスペックすぎる助手だ。しかし、織田のへんな癖がばれたのをきっかけに次第に織田は笑顔を見せるようになり…

ちなみに織田の「変な癖」とは・・・・気に入ったものに名前を付けること!
しかしそれを知っても平然と受け入れる市ヶ谷先生。「おーい鈴木く〜ん」と言いながら二人で万年筆を探すシーンは前半の笑いどころです。
枯れてるというか、天然というか、欲がないボケた中年(笑)の市ヶ谷先生が、もうほのぼのしてて、司法書士ってそんなに仕事ゆるゆるなの!?って突っ込みどころ満載です。BLでこの主人公ってどうなの。いや大好きだけど(笑)
さすが高階祐さんのイラストは表紙こそ麗しく描かれてますが、中のイラストでは間抜け面です、市ヶ谷先生。高階祐さんの間抜け中年男!!初めて見たかも!間抜けすぎ!
きっと高階祐さんも苦労されたんだろうと思います(笑)
でもそんな市ヶ谷を「愛らしい」と言う織田。ニヤニヤ
しかしほんとに「愛らし」く見えてきてしまうのだ、このほのぼのっぷりが。間違っても仕事ができるリーマンが好きな人は読んではいけません。陽だまりのタンポポのような市ヶ谷司法事務所(笑)

どうやら弁護士として腹黒人間に疲れた織田は、タンポポ市ヶ谷事務所で癒され、織田が押してあっという間に二人は恋人に。ていうか、

織田君はたんなるフケ専

敬語攻めの織田君萌え(笑)
意外とあっさりとくっつき甘々な日々を送る・・・かと思いきや、それからが一波乱。ほのぼの平穏な日々から一気に恋に悩める中年へ。そして決定的に分かれてしまう二人・・・・。

中原一也さん、多少構成とか設定とかが?なときもあるものの、なんというか、この方とは萌えツボが一緒だー(笑)
周りの爺様たちも味を出して面白かった。中原一也さんにはこれからも存分におやじを書いてほしいです

全172ページ。

〇電子貸本renta!でみる→逃した魚

〇ebookjapanをみる→逃した魚

〇kindle版→逃した魚 (シャレード文庫)


【電子貸本Renta!】2013年電子書籍上半期ベストセラー発表!!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。